ja Sideboard model 142 2017-04-09T09:33:01+00:00

サイドボード No.142

サイドボードNo.142は、ミッドセンチュリーのサイドボードの中で、初めてBernh. Pedersen & Sonが2015年に復刻しました。

このサイドボードは1965年にデザインされ、そのすっきりしたラインと機能的なデザイン、そしてなにより熟練の職人技が光るデンマーク・モダンの要素が随所に表れています。

このサイドボードの特徴は何と言っても背面になめらかに滑っていくタンブールドアです。今日では珍しくなってしまったこの技術ですが、見て美しいだけでなく、開閉スペースを最小限にとどめるという非常に機能的な扉です。サイドボードの中は左右には棚板を配して美しく仕上げられ、中央部分も収納スペースを増やし、細部まで美しい蟻継で仕上げられたトレーをオプションでお選びいただけます。正面のカーブを描いた特徴的な枠、タンブールドア、ベース、脚も無垢材を使用しています。また脚部分は本体より少し内側にずらしていますので、壁にぴったりつけていただけます。背面は突板ですので室内のしきりとしても使用できます。そこにあるだけで雄弁に物語る繊細なこのキャビネットは、どんなお部屋にもしっくりとなじむことでしょう。

サイドボードの素材はオーク、ウォルナット、チークまたはローズウッドから、仕上げはオイル、ソープまたはラッカーからお選びください。オプションのトレーは5cmまたは11.5mの高さからお選びください。

パーツは全てデンマーク製。また各商品には完成時に個別番号がつけられています。

サイドボードは210cmまたは165cmの長さからお選びいただけます。

当社Bernh. Pedersen & Sonは、デンマークの家具メーカーで、そのスタートは1902年にまでさかのぼります。以来ずっと伝統的な家具やキャビネットメーカーとして今日にいたります。3代にわたって受け継がれてきたこのデンマークのクラシックな家具は世界中で愛されています。1950~70年代は特に当社の歴史の中でも最もすばらしい作品が生み出されて時期であります。クラシカルなミッド・センチュリータイプのサイドボードやデイベッドが、世界的にも有名なJohannes AndersenやSvend Aage Madsen, Kurt Østervigらによってデザインされ、これらは今でも世界中で高く評価されています。

2015年、4代目のThomas Bernhard Pedersenは会社を再出発させ、1950~60年代にデザインされた、美しいサイドボードを復刻することに集中することにしました。

デザインコンビネーション

サイドボードNo.142は、3枚の棚板が標準装備されています(左側に1枚、右側に2枚)。中央部分の棚板及びトレーのコンビネーションをご指定ください。ご不明点はお近くの取扱店にお問い合わせください。

商品詳細

タンブールドア式キャビネット

両サイドに棚板付き、中央部分はオプションで蟻継のトレーを選択可能。背面は突板。長さは2種類。

1965年、復刻は2015年

長さ210cm

高さ 80cm

奥行 50cm

長さ165cm

高さ 80cm

奥行 50cm

オーク、ウォルナット、チーク、ローズウッド

ソープ、ナチュラルオイル、ホワイトオイル、ラッカー

ロングバージョン 1.1m3

ショートバージョン 0.9m3

Customer service


Find Store

Contact

Newsletter sign-up


Do you want to keep up to date with news from Bernh. Pedersen & Søn ? please sign up to our newsletter and be among the first to receive exciting news and inspiration regarding our products.

SIGN ME UP